lastupdate:2017.7.24

「路上」第117号、発刊。

これまでの「路上」新刊のご案内一覧

☆路上第117号(2010年8月10発行)128頁 ご案内☆


路上117号

「路上」117号を、2010年8月10日に発行しました。



<短歌>
50首詠「野の涯の」松平修文 「底のない川」王 紅花
21首詠「もう少し」小野澤繁雄
100首詠「2010、冬から春へ」佐藤通雅

賢治短歌鑑賞 ぴゃこ塾(3)(4)
花山周子 内山晶太 盛田志保子 五島 諭 石川南美

小中英之短歌紀行 五、北帰行 天草季紅


<小説>
「ミュート・ミュージック」玉城 入野

<評論>
「島尾敏雄の「終戦後日記」から」佐藤順次郎
「悲劇論ノート・W」由紀草一
「宮柊二(11)」佐藤通雅

<往還集>
佐藤通雅 三原由起子

<エッセイ>
「めぐりあい(8)」下館和巳


<路上ギャラリー>
「写真+詩」庄司文雄


 今号には、松平修文氏と王紅花氏の「50首詠」をお願いしました。それぞれに、独特の世界の持ち主でたのしみな作品です。
 小説は、玉城入野氏の「ミュート・ミュージック」。「路上」では小説がめったにないのですが、今回やっと実現しました。
 由紀草一氏の「悲劇論ノート」は終了です。4回にわたる連載、ありがとうございました。
 「往還集」に新たに三原由起子氏が登場します。三原氏は歌人であり、ミュージシャンでもあります。3回の連載を予定しています。
 「路上ギャラリー」は、庄司文雄氏の「写真+詩」。長いあいだ、はがき形式の通信を発行しており、そのセンスがとてもいいので、今回その一端を紹介することにしました。



 次号118号刊行は、12月の予定です。「路上」第一期は120号で終了します。のこり、わずかとなりました。炎暑つづきの日々、みなさまのご健闘をお祈りします。

本のご紹介

賢治短歌へ

佐藤通雅著書「賢治短歌へ」表紙

賢治短歌へ
佐藤通雅
洋々社

歌集 予感

クレバスとしての短歌

歌集 予感
佐藤通雅
角川短歌叢書
角川学芸出版 編

定型論・歌人論

クレバスとしての短歌

クレバスとしての短歌
佐藤通雅
ながらみ書房

佐藤通雅間奏歌集

パリの日々

『草案』
佐藤通雅
路上叢書3
路上発行所 版

up!ページの上部へ
HOME往還集佐藤通雅の本路上総目次ご注文方法 お問い合わせ