lastupdate:2017.3.18

「路上」第112号、発刊。

これまでの「路上」新刊のご案内一覧

☆路上第112号(2008年12月10発行)128頁 ご案内☆


路上111号表紙

「路上」112号を、2008年12月10日に発行しました。



<短歌>
「地上」 松平修文
「陽の下の椅子」 横山未来子


<特集「現在、関心事」(前号に掲載しきれなかった続編)>
「三著に向けて」 小浜逸郎
「短歌の人名における賞味期限について」 笹 公人


<木彫り絵+エッセイ>
「押入れの記憶ー家族篇」 長 里子


<評論>
森重 敏論への序章」(三 最終回) 和久井洋子
「茂吉覚書」(8 最終回) 佐藤通雅
「孤独なる歌人たち 現代女性歌人論 五 沢口芙美の歌」 鈴木竹志
「宮柊二」(6)第一章柊二初期 7「『若きかなしみ』歌稿ノート」  (中)佐藤通雅


<「往還集」>
佐藤通雅

<「紫山通信」>
佐藤 裕


<エッセイ>
「めぐりあい」 下館和巳
「リンクが向かう先」 ふなと よしこ
「パリネオ通信」 倫子


●「路上」は年三回の割合で発行してきましたが、第120号をもって終刊することにしました。それまであと3年です。企画の構想はつぎつぎに浮かぶのですが、いつかは切をつけなければいけません。
それ以降、余力があれば、第2期「路上」をより簡便なかたちで発行し、頒価も500円に抑える予定です。



●第113号の原稿締め切りは、2009年3月1日。春には刊行の予定です。
みなさまのご健闘をおいのりします。


●定価 1000円(送料もふくむ)

予約購読
 3号分3000円
 4号分4000円
 5号分5000円

代金は後払いです。お問い合わせページのメールフォームから送信していただくか、メールアドレス新メールアドレスへお問い合わせください。お申し込み順に、お送りします。在庫切れになったときは、ご容赦ください。

本のご紹介

賢治短歌へ

佐藤通雅著書「賢治短歌へ」表紙

賢治短歌へ
佐藤通雅
洋々社

歌集 予感

クレバスとしての短歌

歌集 予感
佐藤通雅
角川短歌叢書
角川学芸出版 編

定型論・歌人論

クレバスとしての短歌

クレバスとしての短歌
佐藤通雅
ながらみ書房

佐藤通雅間奏歌集

パリの日々

『草案』
佐藤通雅
路上叢書3
路上発行所 版

up!ページの上部へ
HOME往還集佐藤通雅の本路上総目次ご注文方法 お問い合わせ