lastupdate:2021.03.31

佐藤通雅の本

佐藤通雅の著作・編集を行なった本をご紹介します。
路上発行所在庫案内 (2015年3月現在)

宮沢賢治論集

佐藤通雅の宮沢賢治論集のご案内

佐藤通雅の宮沢賢治論集のご案内をいたします。

アルカリ色のくも 宮沢賢治の青春短歌を読む

佐藤通雅著書「アルカリ色のくも 宮沢賢治の青春短歌を読む」表紙

アルカリ色のくも 宮沢賢治の青春短歌を読む/
佐藤通雅 編著

NHK出版
2021年2月20日 出版予定/316頁
定価:(本体)1,600円(税別)

現代の歌人9人が、その心情に寄り添いつつ、賢治短歌を徹底的に鑑賞する
内山晶太、大西久美子、尾ア朗子、梶原さい子、嵯峨直樹、堂園昌彦、土岐友浩、吉岡太朗
書下ろし解説「賢治短歌の成立」を収載!

近代短歌の最後の秘境




賢治短歌には、今なお解読不十分の謎が多く残されている。近代短歌としては、最後の秘境でもある。今後、現代の歌人の目によってこそ、より深く、より豊かに、読み解かれていく可能性がある……解説「賢治短歌の成立」より

(帯文より引用)




苦境に立たされるたびに、検事短歌を読み直してみたくなる。これはなぜなのでしょうか。そもそも表現者賢治は、どのようにして生成されてきたのでしょうか。
この問いに立ったとき、まず一番はじめに短歌表現のあったことが思い返されます。
……定型にはあてはまっている、しかし既成の短歌の考え方からは、なにかずれている。
ずれていながら、不思議な魅力もある。これはどういうことなのだろうか。
どのように読んでいったらいいのだろうか。

<「序 賢治短歌への入場券」より>




目次



賢治短歌への入場券


第一部
宮沢賢治の短歌鑑賞

鑑賞

  • 〔第一期〕 盛岡中学校時代
  • 〔第二期〕 盛岡中学校から盛岡高等学校入学まで
  • 〔第三期〕 盛岡高等農林学校時代
  • 〔第四期〕 盛岡高等農林学校時代/li>

第二部


解説 賢治短歌の成立 佐藤通雅


宮沢賢治年譜

賢治短歌へ

佐藤通雅著書「賢治短歌へ」表紙

賢治短歌へ/佐藤通雅 著

洋々社 版
2007年5月25日 出版/300頁
定価:(本体)2,600円(税別)・送料340円/

はじまりから終焉まで
宮沢賢治の青春期・青年期の主たる表現形式であった短歌。それは<賢治短歌>と呼称する以外ない独創性をみせ、以後の賢治世界展開のための宇宙ステーションの役割も果たしていく。児童文学者であり歌人である著書が、35年の思索を重ねて、その魅力を解明する始めての本格的<賢治短歌>論。

宮沢賢治 東北砕石工場技師論

宮沢賢治
東北砕石工場技師論  佐藤通雅宮沢賢治論集

宮沢賢治 東北砕石工場技師論/佐藤通雅 著

學藝書林
2000年2月出版/296頁
定価:(本体)2,400(税別)・送料340円/

賢治最晩年の到達点を解く!
なぜ賢治はここまで身をすりへらさなけ ればならなかったのか。
<ただの訪問 販売員>を経て、自己のすべてを凝縮 して<詩力>そのものになっていく息詰 まる過程を、東北砕石工場技師時代に 探る。筆者渾身の書下ろし五百枚!

宮沢賢治から<宮沢賢治>へ

宮沢賢治から<宮沢賢治>へ  佐藤通雅宮沢賢治論集

宮沢賢治から<宮沢賢治>へ /佐藤通雅 著

學藝書林
1993年11月出版/サイズ 四六判/271頁
定価:2,039円(1,942円+税)/送料310円

作品論/作家論の枠組みを超える渾身の書き下ろし四八〇枚。
作品の謎は、作品の内部にではなく、作品以前に存在する。
賢治作品にただよう「透明なかなしみ」あるいは<彼方>への予感は何に由来するのか。そして賢治はいったい何を為したかったのか。文学者以前、科学者以前、宗教家以前を生きた宮沢賢治の原像をさぐる。

宮沢賢治の文学世界 新装版

宮沢賢治の文学世界 新装版 宮沢賢治論集

宮沢賢治の文学世界 新装版 /佐藤通雅 著

泰流社 版
1996年05月発行/296頁/サイズ B6
定価:2,520円(2,400円+税)

内容紹介

up!ページの上部へ
HOME往還集佐藤通雅の本路上総目次ご注文方法 お問い合わせ