【往還集146】26 「脈」

またまた悲報について書かなければなりません。
京都の三月書房といえば知る人ぞ知る、長年腰を据えてきた書店です。
そこから発信されるメールに「12月9日、比嘉加津夫氏逝去」とありました。
比嘉氏は1944年沖縄の久志村(現名護市)生まれ。個人編集誌「脈」を発行してきました。
最初のころは30頁ほどの小誌でしたが、途中から共同編集の形になり、160頁前後の厚さになりました。
近号は2019年11月発行の103号です。
その「編集後記」に「比嘉が編集責任から降りた場合のことなど考えたりしている」とある。
なんだか変な書き方だなあと思ったのですが、すでに病を抱えていたのかも知れません。
こうして1960年代・70年代に起ち上げられた個人編集誌はつぎつぎに幕を降ろしていく。
そのたびに映画「旅芸人の記録」の最後の場面のように拍手をもって健闘を讃え、訣れとしてきました。
(12月11日)

【往還集146】27 「いだてん」

NHK大河ドラマ「いだてん」全47回が昨夜で終了しました。
私は毎週視聴しつつ、「あまちゃん」とはまた別の宮藤官九郎の才気に魅了されてきたのです。
これまでのドラマにはなかったスケールの大きさとスピード感。視聴率もまちがいなくトップだろうと思いこんでいました。
ところが結果は歴代大河ドラマで過去最低の8・2%!
そういわれてみれば展開が速すぎて多くの人がついていけなかったかもしれない、途中で役者が事件で降板したのも、ビート武が出過ぎたのもまずかったかもしれない。
この結果には、官九郎の起用でムードを炎上させようという下心を持ったオリンピック委員会も、どっつまずいたでしょう。
しかしオリンピック騒動終了の後に改めて「作品」として見れば、比類なき快作だということがわかってくるにちがいありません。市川崑の記録映画、「東京オリンピック」がそうだったように。
(12月16日)

【往還集146】25 中村哲氏・続

イーハトーブ賞のときはもっと大変でした。「宮沢賢治の名において顕彰されるにふさわしい実践的な活動を行った個人または団体」が賞の趣旨です。
推薦されてくるのは国内外に広がる。
ある年、「中村哲」の名が上ってきました。〈アフガンで医師、井戸を掘る〉ぐらいの情報しかない私たちは既刊の本や映像を集め、時間をかけて検討しました。
そして2004年に賞を受けていただくことになりました。
そもそも候補に上るのは、賞の域など超える方たちがほとんど。
おそるおそる「賞を受けていただけませんか」と打診するのです。
さいわい大抵の方が「賢治の名のある賞なら」と、受けてくれます。
授賞式当日中村氏は緊急事態が生じて帰国できませんでしたが、以来私自身もペシャワール会に入会しました。
そして次第にこの事業はノーベル平和賞以上だと確信するようになりました。
そういう矢先の、突然の悲報でした。
(12月5日)

【往還集146】24 中村哲氏

「耳を疑う」ということば、そのままでした。
昨夕のこと、ラジオがいきなり「中村医師が車で移動途中襲撃されたもよう」と伝えたのです。「もよう」だからまだ半信半疑。
さらに耳を傾けるうちに、死亡したことは確実となりました。
そして今朝の新聞トップ記事も「中村医師 銃撃され死亡」。
私は花巻に本部を置く宮沢賢治学会の会員で、しばらく賞選考の部門を担当していました。
賞には、賢治研究を中心とする宮沢賢治賞と、賢治精神の実践を中心とするイーハトーブ賞があります。まず会員に候補者を推薦してもらい、それをもとに数人の委員が選考に当ります。
私自身、2000年に『宮沢賢治 東北砕石工場 技師論』で宮沢賢治賞を受賞したので、いやともいえず選考委員に。
それはそれは大変な作業でした。賢治関係の研究書は毎年20冊は出る。その全てをまともに読んだうえで、選考会議を重ねていきます。
(12月5日)
252頁にも及ぶこの本をわずかのスペースではとても紹介できません。関心の湧いてきた方はどうか実物をご覧ください。ここでは子どものときの体験について、自分の場合を記すに留めます。
1945年8月15日といえば日本敗戦の日で、私は2歳7か月。この前後に見聞したことが以後今にいたるまで生きつづけています。
第1、町内の人たちと道路に並んで出征兵士を送ったこと。
第2、白い襷の掛けられた骨壺を迎えに停車場へ行ったこと。
第3、新聞を広げていた祖父が「広島さ新型爆弾が落どされだ!」と告げたこと。
第4、正午のラジオに正座した家の人や近所の人が、神妙な顔をして聞き入っていたこと。

これらの情景は、どういうことであるのかわからなかった。しかししだいに世の中の事も見えるようになるにつれ、記憶の底に貼りついた事柄は、いよいよ輪郭鮮明になり、現在もなお生きつづけているのです。
(11月8日)

【往還集146】22 子どもの日の体験

岩瀬成子『もうひとつの曲がり角』(講談社)の主人公は5年生の「わたし」。
母のすすめで英会話スクールに通いはじめるが、どうも気分的に入りこめない。
べつの通路を歩くうちにオワリミツホさんという、庭で朗読するおばあちゃんに出会う。
それがきっかけとなり、ふたりに不思議な交流が生じる。
ある日の帰りぎわ、オワリさんが

「あなたがこの庭に来てくれるようになってから、なんだかいろんなことを思いだすようになったの」

という。さらにつぎのように、つけ加える、

「わたしはこんな年齢になったけれど、でも、ついこのあいだ、わたしもあなたみたいな子どもだったの。それからわかったの。子どものときに体験したことはそのあとの人生にずっと影響を及ぼしつづけていたんだなってことが。長く生きてきたあいだで感じたり考えたりしたことも、もともとはあそこからはじまっていたんだと、そんなことも思って」
(11月8日)

【往還集146】20 台風とラグビー

台風19号は各地に大きな被害をもたらし、やっと福島沖へ抜けたものの、多数の河川は氾濫中、犠牲者数もまだはっきりしていない。
当地も、昼となく夜となく強雨は襲来し、屋根をつんざくのではないかと恐怖させるほどでした。
そういう最中のラグビー・ワールドカップ。釜石会場は中止になったものの、横浜の日本対スコットランドは開催される。
大熱戦の末、日本が勝利。
暴風、洪水、土砂崩れの報には胸を痛める。多くの知人も、どうなったかと心配でならない。
だのにチャンネルを替えた瞬時に別世界は出現し、巨体をぶっつけ合う激戦。
こちらも、のめりこんでいくではありませんか。
あまりの落差をどう処理したらいいのか。
私はかの大震災の渦中での心境を反芻しました。

「遠くから心配してくださるのはありがたい、けれど今あなたが幸福な状態にいるならそれでよい、どうか幸福まで否定しませんように。」
(10月14日)

【往還集146】19 連帯しようね

後期高齢医療にかかわる手続きで、支所に行ってきました。
窓口は福祉課にあります。
係の人に書類を提出。
点検してもらっている間にきょろきょろしたら、衝立1つ隔てて赤ちゃんのいることに気づきました。
ママが児童手当の手続きをしているよう。そのすべすべした肌といい、くりくりした瞳といい、小天使そのもの。
私は、赤ちゃんなら100人ほしいと思っているほどの赤ちゃん好き。
先日も町内芋煮会の折に近所の赤ちゃんを抱っこさせてもらいました。ふにゃふにゃもにゃもにゃした感触は天下一品!
今日も衝立越しながら「何カ月ですか」と尋ねると、ママが「10カ月です」と代弁してくる。
そのとき私は気づきました、赤ちゃんも高齢者も福祉を受けることでは同じ身、だから窓口も隣になっているのだと。

「それならおたがいに連帯しようね」

とエールを送ったら、赤ちゃんは顔いっぱいの微笑で応えてくれたのです。
(10月7日)

【往還集146】18 胎児・続

これまでは結婚して子どもを産んでも、夫と妻はそれぞれに単独の存在だと思われてきました。
ところが増﨑氏によると

「胎児のDNAの半分はお父さんのものだから、お父さんのDNAが胎児を介してお母さんにいっちゃってる」

というのです。
ということは子どもを産んだあと憎しみ合って離婚しても、あるいははじめからシングルマザーになったとしても、もはやDNAに関しては単独ではないのです。
「エッ」と、目を開かされるではありませんか。
もう1点あげておきます。それは病気について。

「病気になることは必ずしも悪いことじゃない」
「病気になっても、それによって何か新しい自分に気がついたら、それはそれでプラス」「なんらかの異常をもつ子どもを産んだお母さんも、それがきっかけで変わるんですよ。親と子も一期一会。」

こういうことばに出会っただけでも幸せな気分になれる、私からもお勧めの本です。
(10月6日)

【往還集146】17 胎児

「往還集5 産むこと」で、いがらしみきお氏の推薦する『胎児のはなし』にふれました。
その後とりよせて読みました。
それはそれは興味深い本でした。長崎医大産婦人科名誉教授増﨑英明氏に文筆家の最相葉月氏がインタビューする形式で話は進んでいきます。
受精して胎児を孕み、妊娠期を送る、いよいよ出産。生れたとたん貧富の差を越えて、どこの家も大喜びする。妻の母親つまり義母は助産婦でしたから、こういう体験談をよく話してくれました。
以来、医学はどんどん進歩し、人工授精も珍しくない時代になりました。
胎児の段階からの診断も可能になり、病気が見つかると早くも治療できる。
そういう最前線に増﨑氏は身を置いてきたわけです。したがって興味津々の問題は山のように出てきました。
ここでは2点だけとりあげます。
1つは、「お父さんとお母さんはDNAでつながっている」という驚くべきこと。
(10月6日)
前の10件 1  2  3  4  5

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ