【往還集146】14 呼名

■■■路上通信(HOME)■■■

在日についての問題を、なぜ連続して取り上げてきたか。
それは近年の日韓関係がひどくつらい状態になっているからです。
私は在日の生徒たちに何人も出会ってきました。優れた子たちはいっぱいいました。
氏名は日本名にしているので普段は国籍も両親の出自もわからない。しかし面談してみるとそれぞれに固有の問題を抱えていました。
せめて堂々と本名を名乗り、周辺も自然に受け止めるようになってほしいと願ってきました。
1996年といえば私が最後の学校宮城広瀬高校に赴任した年です。
入学式がはじまり、新入生の呼名がはじまりました。全部で7クラス。
女性の担任がいきなり、しかしごく自然に

「ヤン・ミジョン」

と呼びあげ、当の生徒がすくっと立ちました
やっと自分の本名を堂々と公の場でいえる時
代がきた!
それは秘かな感銘でした。
今も「ヤン・ミジョン」の澄んだ声が、耳の奥に生きています。
(9月12日)

このブログ記事について

このページは、管理者が2019年9月12日 14:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集146】13 交流」です。

次のブログ記事は「【往還集146】15 「ミニコミ誌 こごた河北」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ