【往還集146】10 ハズキルーペ

■■■路上通信(HOME)■■■

外へ出かける用も少なくなった、この際読みたくて買っておいた本をどんどん手にしていこう。
そう思い立って書庫から取り出してきた本が100余冊。
ところが読む段になって視力の衰えに直面。音楽通の知人は「聴力の衰えた時が恐怖だ」とよくいっていましたが、自分の場合は目です。
どうしても必要な資料は拡大コピーして凌ぐほかありません。
そこに現れたのがハズキルーペ。メガネのうえにさらに拡大用メガネをかければ、細かい字も見えるのです。
このアイディアは革命に等しい。
ところがテレビコマーシャルが批判され出した。フレームの強度を示さんと美女がデカ尻でメガネに坐ってみせる。
まちがいなく性差別だとさわがれるぞと案じたら、やっぱり。
さわぎをコマーシャル効果へ上乗せしようとして、中止の気配もない。
私の意見、「そこまでしなくても販路はまちがいなく広がるのに、社長もスキだねえ。」
(9月10日)

このブログ記事について

このページは、管理者が2019年9月10日 14:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集146】9 生と死の境界・続」です。

次のブログ記事は「【往還集146】11 学校帰りのこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ