【往還集146】8 生と死の境界

■■■路上通信(HOME)■■■

報道に接するたびに胸を痛める。それは小・中学生の自裁事件です。
ある日、何の前触れもなく我が子が命を断つ。
保護者はその理由がわからず、いじめや教師の暴言を責めて訴訟さえ起す。
この件については大変発言しにくいのですが、やはり記し留めておきたい。
というのも自分自身が子ども期から成人するまで、とかく自裁願望があり、危ういところで切り抜けてきたという体験を持っているからです。
デリケートな性格の子にとって、生と死の境界は何度でも希薄なときがある。いじめや暴言がきっかけで行動に移す例はあっても、多くはそれ自体が主因ではない。
最も近くにいるはずの親にこそ、そういう子どもの内面は見えないし、子どものほうも100%親にはいわない。
ですから事故が起きたとき保護者は仰天し悲嘆し、もっとも手近な原因捜しをはじめる。「これでは我が子がかわいそうだ」と訴訟さえ起こします。
(9月9日)

このブログ記事について

このページは、管理者が2019年9月 9日 14:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集146】7 交点」です。

次のブログ記事は「【往還集146】9 生と死の境界・続」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ