【往還集145】12 中国人のイメージ

■■■路上通信(HOME)■■■

「イギリス人」といっても「ロシア人」といっても、個々を見れば、まちがいなく多様。 
だのにこのように記号化すればイメージが浮かびやすいことは確か。
けれどそれは差別につながることもあるから、要注意。
そんなことを考えていたときに加藤周一の「中国再訪」(『加藤周一自選集6』を読んでいて、目が釘付けになりました。

「中国を旅していて心地よいことの一つは、外国人に対して卑屈な中国人に出会うことが、ほとんど全くない」

「外国人に媚びる態度を決して示さないのは、おどろくべきことであり、見事というほかはない

と断言しているのです。
かの叡智の人加藤周一がいうのだから、たまたまの訪中を素材にした、単なる印象とは思えない。
この中国人像、いまの米国や日本政府のばらまこうとしているのとは、まるでちがうではありませんか。
さらにさらに、加藤周一説を補強する小説が出てきたではありませんか。
(5月25日)

このブログ記事について

このページは、管理者が2019年5月25日 16:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集145】11 ロシア民謡」です。

次のブログ記事は「【往還集145】13 『蜜蜂と遠雷』から」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ