【往還集144】5 大隈言道・続

■■■路上通信(HOME)■■■

何首かあげてみます。( )は私訳。

「わらはべの手をのがれこし蝶ならむはね破(やぶれ)ても飛(とぶ)がかなしき」(子どもの手から逃げてきた蝶だろうか、羽が破れてもなお飛ぼうとしている、なんと痛々しいこと。)

「おやなけば子さへなくなり世の中のせむすべなさも何もしらずて」(貧窮のあまり親が泣いている、それにつられて子どもまで泣いている、この世の中をどうしたらいいのか何も知らないで。)

「はてもなき山のすそのゝすゝき原とほくゆけるは夕日のみして」
「さをしかのとほざかりゆくかげさへもはてはなくなる山のほそ道」

後者2首はとなり合っている歌です。広々としたススキ野の夕日、そのなかを走りやがては消えていく鹿が詠まれています。宮沢賢治の童話作品「鹿踊りのはじまり」のラストシーンそのものではありませんか。
このような清新な作品を作る歌人が、江戸末期には出現していたのです。
(11月29日)

このブログ記事について

このページは、管理者が2018年11月29日 14:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 【往還集144】4 大隈言道」です。

次のブログ記事は「【往還集144】6 入沢康夫氏」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ