【往還集144】2 いわくいいがたいズレ

■■■路上通信(HOME)■■■

私は20代の一時、「短歌人」に入っていました。
学生になって本格的に短歌をはじめようとしたとき、学内には短歌会がありましたがその作風はアララギ調で、こちらの嗜好とは合わないものでした。
もっと革新的で自由で、しかも学割があるのはどれかと探したら「短歌人」が見つかりました。
そこで入会。
結社には歌会があります。旅行もかねた合宿歌会もあります。
私も何回か参加しました。
が、しだいにズレを覚えるようになりました。
「この熱心に議論している人たち、歌を考え、歌をめざしているのだ」。結社だからあたりまえのこと。
だのに自分の思いとはどこかちがう。
私も歌をやろうとしていることにはまちがない、けれど歌の上達をめざしているというよりは、歌をきわめることによって世界文学とか世界思想への通路を探そうとしている。
そのいわくいいがたい発想のズレがあることを自覚するようになりました。
(11月29日)

このブログ記事について

このページは、管理者が2018年11月29日 14:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集144】1 晩秋の湖」です。

次のブログ記事は「【往還集144】3 世界への通路」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ