【往還集143】46 季節の移ろい・続

■■■路上通信(HOME)■■■

彼は俳句の作り手でもありました。全句集にはいくつもの秀句が並んでいます。
私は彼の思想と行動には賛意を覚えませんが、いかなる人間であっても、文学表現をまえにしては一切が平等であるというのが、基本態度です。
彼は「あとがき」に書いています。

「毎年季節の変わり目になると同じような句を詠んでしまいます。直截的且つ即物的に反応してしまうのです。死刑囚として監獄に拘禁されているため自然に触れる機会が少なく、寒暖の差によってしか季節の変化を感じられないからかもしれません。あるいはまた、獄外で過した時間が長くはなかったため、かつてなしたこと、見聞したことが季節の変化と結びついて色褪せずに記憶されているからだとも言えるでしょうか。」

私は思うのです、季節の移ろいがふんだんにあるのでなく、ごくごく限定されていたからこそ、鋭く、そして豊かに感応されたのではないかと。
(10月24日)

このブログ記事について

このページは、管理者が2018年10月24日 10:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集143】45 季節の移ろい」です。

次のブログ記事は「【往還集143】47 青春という概念」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ