【往還集143】44 「心から」「おもしろい」

■■■路上通信(HOME)■■■

私の気になるのは外来語だけではありません。
歌を作る人ならことばにもっと繊細であってほしいのに、この頃いやに目立つ2語がある。
それは「心から」と「おもしろい」。
「心から」は特に東日本大震災以後多くなり、

「心からお見舞いもうしあげます」
「心より悼みます」

という具合に使われる。
政治家はさらに常套語として口にする。
「心から」という人にかぎって、心から思っていない。
「おもしろい」は短歌の評によく使われます。

「歌集を読んでおもしろかった」
「今度の作品はおもしろい

という具合に。
「おもしろい」「おもしろかった」は感想ではあっても批評とはいえない。「おもしろかった」のなら、どこに魅力の根源があるのかを解くのが評というもの。うまくことばが見つからないからとりあえずほめておく気持ちはわかるが、それは評ではない。
というわけで私は「おもしろい」を評として使わないようにしています。
(10月22日)

このブログ記事について

このページは、管理者が2018年10月22日 10:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集143】43 「アンバサダー」」です。

次のブログ記事は「【往還集143】45 季節の移ろい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ