【往還集143】27 四行詩・続続

■■■路上通信(HOME)■■■

吉本隆明は『最後の親鸞』(春秋社)で、和讃の性格は

「〈非詩〉的である」

とズバリいっています。また

「親鸞の和讃には、人間の生死の無常を詩的に色揚げするというモチーフはまったくといっていいほどあらわれなかった。その根柢にあるのは、現世の憂苦も愛憐も諍闘も、すすんで俗にしたがって受け入れ、そこに身をおくことが浄土への超出の契機だというかんがえであった。」

とも説かれています。
ここにヒントがあるように思われます。「俗にしたがって受け入れ」る方向をとろうとしたとき、一般の人々にもわかる形式で、しかも詠ずることによって誰もが参加できるようにした、そのように考えられます。
しかしそれがうまくいったかどうか私には疑問に思われます。
また東西を越えほぼ同時代になぜ四行詩が選ばれたのか、この問題もまだ解き明かすことはできないでいます。
今は未解決の問題として記しておきます。
(8月26日)

このブログ記事について

このページは、管理者が2018年8月26日 11:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集143】26 四行詩・続」です。

次のブログ記事は「【往還集143】28 「ちびまる子ちゃん」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ