【往還集143】25 四行詩

■■■路上通信(HOME)■■■

ペルシャ生まれのオマル・ハイヤームは1040年ごろに生まれ、1123年没。
親鸞は1173年に生まれ、1262年没。生没年ともにずれているが、同時代といえないこともない。
しかし両者に交流があったとは考えられない。
ただ四行詩をのこしたことでは共通している。
ハイヤームの名は広く知られていませんが、数学・天文学・医学・語学・歴史・哲学などなどに多才、日本の平賀源内的な人物だったということです。
私は岩波文庫の『ルバイヤート』(小川亮作訳)ではじめて知りました。
「ルバイヤート」
とは四行詩のことで、音律・音韻ともに整えられた、民謡に起源を持つ詩型。起承転結があり、押韻形式も持つ点では漢詩と似ている。
ペルシア語を知らない私は押韻を想像するのみですが、訳文だけでも「これはこれは、スゴイことをいっているなあ」と感服するのがいっぱいあります。
1篇だけ紹介します。
(8月26日)

このブログ記事について

このページは、管理者が2018年8月26日 11:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集143】24 古代アンデス文明展・続」です。

次のブログ記事は「【往還集143】26 四行詩・続」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ