【往還集143】8 「マラソン」

■■■路上通信(HOME)■■■

空に 紅をはいたような
ある晴れた美しい朝
地の扉を蹴って
マラソンの選手たちが
いっせいにスタートした

世界はあかるく
都市から田園へとつづき
不作をわすれて 田園は
まぶしげに 選手の一団をみおくる
そこぬけにあかるいそらの
どこかに神がひそんでいるような
この均衡は心憎いばかりだ

選手たちの
腕と腕のあわいから
世界がすこしづつながれてゆく

――選手たちは 田園から
ふたたび都市へとはいった
そのとき 沿道の
観衆から
ふかい どよめきがおこった
ざくろを掌にした死児がひとり
かげろうのように
選手のむれと走っているのだ

選手たちの
脚と脚のあわいから
昼は急速に傾いて
たそがれいりにそまりだし
にわかに遠くなった
ゴールのむこう
秋の日は
まるで大きな愁いげな 花を
咲かせたもののようだ
(7月12日)

このブログ記事について

このページは、管理者が2018年7月12日 11:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集143】7 初対面」です。

次のブログ記事は「【往還集143】9 草花園(くさばなえん)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ