【往還集142】14 会費のこと・続

■■■路上通信(HOME)■■■

第1に、会費の負担がきついと感じられるようになってきた。
「塔」の会費半年分は、1万円(月集・作品1)、9000円(作品2、若葉集)、学生3000円となっている。
この額は標準的であり、茶道・華道などに比べればむしろ安い。
だのに半年で1万円、1年で2万円に負担感が生じている。

第2に、振り込みの方法が意外と不便になってきている。
郵便局が少なくなり、車を持たない年代になればさらに不便。
コンビニからも送金できる時代とはいえ、それすらない辺地だってある。
家にいながらでも電子送金する手はあるが、これこそ高齢者には縁遠い。

そして第3、これらのハードルを越えても納入しようという気概が年々薄くなってきている。
結社に属していれば上達は早まり仲間もできる、それはわかっている、けれど自分はそこまでやらなくていい、縛られたくもないという気分が、どんどん広がっているのです。
(5月17日)

このブログ記事について

このページは、管理者が2018年5月17日 09:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集142】13 会費のこと」です。

次のブログ記事は「【往還集142】15 あなたのとり上げる一冊の本」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ