【往還集142】11 ネムの木イス

■■■路上通信(HOME)■■■

近くの公園にはネムの木があります。
引っ越してきた当初は、それほど大きくなかった。
年々丈を伸ばし、満開のときは薄紅色の大傘のようになります。
枝のふたわかれした根元も年々太くなり、腰を下すにちょうどいい具合になりました。 
私は、部屋で資料読みしたり、キーボード打ちしたりすることが多いので、気分転換によく公園に行きます。
秘かに「ネムの木イス」と名づけた、その根元に坐ります。
そして日差しを浴びたり、雲を眺めたり、子どもたちの遊ぶさまを楽しんだりします。子どもたちの数は多いときで15人、第2学童保育園の感じでいつしか顔なじみになります。
そんなことをくり返すうちに気づきました、子どもは6年生になったとたん姿を見せなくなることを。
「もう公園遊びは卒業」
というわけです。成長するのはうれしい、けれど反面では寂しい。
そう、成長とはよろこびと同時にかなしみでもあります。
(5月9日)

このブログ記事について

このページは、管理者が2018年5月 5日 09:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集142】10 〈ひとり〉」です。

次のブログ記事は「【往還集142】12 ヤマユリ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ