【往還集142】4 パレード

■■■路上通信(HOME)■■■

昨日の羽生結弦選手の凱旋パレードはすごかった。
とはいっても私はテレビ観覧していただけですが、10万8千人のどよめきは十分に想像できました。
仙台の中心街をオープンカーに乗ってゆっくりと進む。40分の間、笑顔を絶やさず手を振りつづける。
運営経費が約1億9千万円というのもおどろき。
私は5年まえ、たまたま用事があって街に出、楽天優勝のパレードを見たことがある。そのときはなまの星野監督も田中投手も見た。震災2年後でまだまだ傷だらけだっただけに、市民の熱狂ぶりは沸騰せんばかり。
今度はチームでなく羽生選手ただ1人。
もし体調を崩し寝込んでしまったらどうするのだろう、まさか代役出場というわけにもいくまいと、はらはらどきどきするところはあったのです。
けれど当日は元気いっぱいで車上に立ち、満面の笑顔を振りまいたのです。
好天のなかの新緑も、ことのほかの爽やかさでした。
(4月24日)

このブログ記事について

このページは、管理者が2018年4月24日 18:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集142】3 両者の気息」です。

次のブログ記事は「【往還集142】5 パレード・続」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ