【往還集141】28 コラボ展

■■■路上通信(HOME)■■■

仙台文学館のロビーをお借りして「佐藤通雅(短歌)×佐々木隆二(写真)【3・11の 連灯】
を開いています。
歌集『昔話』『連灯』から18首選出して大判の色紙に墨書、それと写真家佐々木隆二氏の写真を組み合わせました。
期間は3月23日から4月25日。
佐々木氏は震災後の各地に入り、撮影しつづけてきました。
自分の震災にかかわる歌は歌集2冊に収めましたが、作品としての練磨は最初から意図していない。2万の犠牲者の魂が、自分に憑依してことばとなった気がしています。
それで展示が終ったら、色紙を希望の方にさしあげることにしました。
なんというか、分骨のような気持で。
色紙はそれぞれの作品に1枚しかありませんから、希望が多いときは抽選です。
抽選には私が一切かかわらず、学芸室にお願いしました。
すでに希望多数とか。もれてしまった方には、あらかじめおわびしておきます。
(4月12日)

このブログ記事について

このページは、管理者が2018年4月12日 11:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集141】27 文学評論のはじまり」です。

次のブログ記事は「【往還集141】29 完全な者」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ