【往還集141】23 「素心」

■■■路上通信(HOME)■■■

アスリートといえば、とかく勝ちにこだわる獰猛なイメージがあります。
けれどときに、人柄が並でないアスリートもいます。
自分は、水沢市立常盤中学校出身。
近隣に姉体中学校がありました。
どちらも野球が強く、よく決勝戦で対戦しました。
が、どうしても姉体に勝つことができない。ずばぬけて強い投手がいたから。
高校に入ったら、その投手と同じクラスになりました。
吉田君。
やはりまた野球部で活躍しました。
はたで見る生の彼は、引き締まった体形をしていましたが、獰猛とは正反対の沈着冷静な性格。
2年生以後はべつのクラスになりましが、廊下で会えば軽い挨拶は交わす間柄。
卒業に当って、学友会誌に載せた彼のエッセイの題は「素心」です。
この2字を座右の銘にしてきたと。
いかにも彼らしい。
私は今でも「素心」の語を思い出します。
ちなみに姉体は、目下活躍中の大谷翔平選手の出身地でもあります。  (4月1日)

このブログ記事について

このページは、管理者が2018年4月 1日 11:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集141】22 旧盛岡高等農林学校本館」です。

次のブログ記事は「【往還集141】24 アスリートの境地」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ