【往還集141】9 『銀河鉄道の父』

■■■路上通信(HOME)■■■

宮沢賢治はスゴイ!と賢治愛好者が口にするのはあたりまえのこと。
私もずいぶん長い間読んで書いてきました。けれど〈愛好者〉にくくられることには抵抗がある。ただの〈賢治関心者〉でよいと思ってきました。
そうではあるが、たしかに賢治はスゴイ。なにしろ〈賢治研究者〉でない人が本気で賢治を書いているのだから。
昨年は今野勉氏の『宮沢賢治の真実』(新潮社)。
そして今度は門井慶喜氏の『銀河鉄道の父』(講談社)。
ここでは後者に焦点を絞りますが、賢治の姿に臨場感があり、引きこまれました。
同時に注文もあります。
第1、妹トシの女学校時代の〈事件〉には一切ふれていない。
第2、東北砕石工場時代もとりあげていない。
第3、そのため「雨ニモマケズ」も花巻の病床で書いたことにしている。
特に砕石工場時代は父親の影が濃厚なのだから、父親に焦点を当てる小説であるならぜひとりあげてほしかった。
(2月22日)

このブログ記事について

このページは、管理者が2018年2月22日 08:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集141】8 漆器」です。

次のブログ記事は「【往還集141】10 この冬」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ