【往還集141】5 子どもの絵

■■■路上通信(HOME)■■■

久しぶりに街へ。
メディアテークに寄りました。
昨秋は落し物で大失敗したので、今度はしっかりと自己点検しつつ。
「第43回親と子と教師の絵画展」をやっていたので入ったら、幼稚園児の絵がいっぱいいっぱい展示されていました。
うまく描こうなどと思わずに、自由自在に描く絵の楽しさ。人やら動物やら鬼やら飛行機やら。
パンフを開いたら画家の佐々木正芳氏が書いています、

「子どもの色々な発達の中で絵の発達が一番遅れてやって来ます。思ったより幼いものです。それでつい〈何、コレ!〉とやってしまうのです。子どもはすごく悲しい。喜んで描かなくなってしまいます。喜んで沢山描いてこそ伸び伸びと元気よく、心をこめて、工夫して子どもならではの素晴らしい絵を描くようになります。褒めるとは認めることです。」

なるほどと同感して読みました。
それにしても子どもたちのエネルギー全開の作品たち!
(2月17日)

このブログ記事について

このページは、管理者が2018年2月17日 08:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集141】4 一気に変わろうとーー」です。

次のブログ記事は「【往還集141】6 MRI検査」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ