【往還集140】25 誤植

■■■路上通信(HOME)■■■

「誤植は出版の華」と公言してきました。どんなに校正してもまちがいは出る。殊に最も信頼できないのは著者校。書き手本人には思いこみがあって、とかく見逃しが出てしまう。
そこで出版のプロに委ねることになりますが、完璧というわけにはいかない。それを知るゆえに誤植には寛容なのです。
ヘーゲルの『歴史哲学講義 上』(岩波文庫 長谷川宏訳)を読んでいたら、誤植の話が出てきました。
中国最大の叢書『四庫全書』を乾隆帝が刊行。

「誤植の訂正にあたる委員会は皇太子が委員長をつとめ、みんなが目をとおした作品はあらためて皇帝のもとにおくられ、あやまりがあればきびしく処罰されます。」

とあるではありませんか。
学問をこのうえなく尊敬した皇帝の逸話として紹介されているのですが、誤植があれば処罰とは、怖ろしや怖ろしや。
私の首はもう100、いやそれ以上飛んでいることまちがいありません。
(11月23日)

このブログ記事について

このページは、管理者が2017年11月23日 11:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集140】24 「霧湧き降るを」」です。

次のブログ記事は「【往還集140】26 「誤字をさがせ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ