【往還集140】23 プロとアマ

■■■路上通信(HOME)■■■

編み物の本・雑誌も随分手にしました。プロの手による作品の精緻さ、斬新さには何度も感嘆しました。
けれど衣服の主要な要素を「実・美・愛」においてきた自分は、曲芸のような手編みに嵌まりこもうとはしませんでした。
実用性を第一とし、それなりに美しく、そして作り手の愛がこもればそれでいいのだと。 
こうして毛糸と編み棒をかたわらにする日々を重ねるうちに、いつしか老眼の度が上昇。
同時に熱気も衰え、とうとう75枚目で休止してしまいました。
自分からいうのもなんですが、腕はプロ級。けれど本当にプロかどうかというとプロでない。プロならいやになってもつづけなければならない、歯を食いしばってもやらなければならない。熱が冷めたからといってやめるのは、アマでしかない証拠。
これは、あらゆる分野にいえることだと思いました。
最近また気が向いて1年半ぶりに再開。ただのアマとして。
(11月10日)

このブログ記事について

このページは、管理者が2017年11月10日 11:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集140】22 100枚をめざして」です。

次のブログ記事は「【往還集140】24 「霧湧き降るを」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ