【往還集140】8 志津川の海

■■■路上通信(HOME)■■■

昨日、志津川へ行ってきました。
今は歌津、入谷、戸倉と合併して南三陸町になっています。地理的にいうと、石巻と気仙沼の中間点。
大震災以前、志津川湾の海が見たくて、家内と一緒にドライブしたことがあります。
志津川高校に赴任したことのある同僚が、酔うたびに「あの海はすばらしかった」と何度も語るので、いつかたしかめたかった。
それがやっと実現。
海辺の「ホテル観洋
のフロントへ行ったら予約なしでも宿泊可というので太平洋側の部屋をとり、青々と広がる海を堪能したのです。
その南三陸が、今回壊滅的な被害を受けた。防災対策庁舎では、避難を呼びかけた職員の遠藤未希さんをはじめとする、何人もが犠牲となった。
志津川病院でも多数の患者が帰らぬ人となった。
数々の情報に接するたびに、いつかあの海に立ち頭を垂れねばと思ってきましたが、心が重くなって、なかなか踏ん切りがつかなかった。
(10月6日)

このブログ記事について

このページは、管理者が2017年10月 6日 23:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集140】7 山下清展」です。

次のブログ記事は「【往還集140】9 志津川の海・続」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ