【往還集140】5 野草園

■■■路上通信(HOME)■■■

CIMG0035_9001200.jpg
▲ハギのトンネル。

CIMG0042_900675.jpg
▲彫刻広場の「風の音」像

その身近な風物へさっそく行ってきました。仙台市野草園。
ここには学生時代以来、何度も足を運んでいますが、最近は近場すぎてずっとご無沙汰。野草やモミ、ナラなどの樹木で埋め尽くされた閑静な園。
ハギのトンネルもある。
そこをくぐると、ひろびろとした草原が開ける。
さらに奥へ行くと「彫刻広場」に出る。
問題はここです。原っぱのどまんなかに「風の音」という彫刻が立っている。1982年建立、制作者は山本正道。頭でっかちの3体が寄り合う。
その様、まるで火星人が降り立ったよう。建立当時から不気味だ、野草園に合わないという批判はあり、私もまた「なんだ、これ?!」と違和感を覚えてきました。
だのに久しぶりに目のまえにして「これもまた、よかろうじゃないか
という、受容の気持が。
耳を傾けても風の音はあいかわらずしない、けれど、「火星人、野草園に現る」もまた乙なものじゃないかと。
(9月22日)

このブログ記事について

このページは、管理者が2017年9月22日 23:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集140】4 スピード感」です。

次のブログ記事は「【往還集140】6 「かっぱ公報」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ