【往還集139】32 軽米(かるまい)

■■■路上通信(HOME)■■■

岩手県北部で八戸に近い北上山地に、軽米という町があります。
私はそこに行ったことがない。
だのに、なにかにつけてこの町の名が思われ、切なくさえなるのです。
北上山地は「日本のチベット」と呼ばれ、冷害、飢饉に苦しめられてきた地域。
軽米もその一つ。
大学4年のとき、教員採用試験がありました。私は岩手と宮城を受け、岩手はA採用、宮城はB採用。Aは必ず採用、Bはそれに準じるというのです。
しかし最初の赴任校の話は宮城県若柳高校から。
早く決めてしまったほうがいいと「諾」の返事をしました。
ところが1週間後に岩手県軽米高校からの打診が。
いつかは実家のある岩手県に帰る気持ちもあったので、順序が逆なら迷うことなく軽米を決めたはず。
しかし1週間の差でそうならなかった。
もし軽米が初任地なら、北上山地を肌で知り、多くの出会いもあったはず。
以来、とかく軽米が思われるのです。
(7月23日)

このブログ記事について

このページは、管理者が2017年7月23日 18:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 【往還集139】31 透明な悲」です。

次のブログ記事は「【往還集139】33 「アカナワ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ