【往還集138】35 スクーリングの日

| トラックバック(0)

■■■路上通信(HOME)■■■

1960年代は、辺地はまだまだ貧しかった。
自分の同級生でも、3分の1は高校へ進学できなかった。
そんな時代に教師となって若柳高校に赴任したのですが、そこは全日制だけでなく通信制のスクーリングも引き受けていました。
月1回の日曜日に地域の受講生が集まります。進学できずに農業を継いだ人、結婚して赤ん坊を負んぶした人、年長になってやっと勉強できるようになった人などさまざまです。
スクーリングの講師としてほぼ強制的に割り当てられるのは、新米教師です。
私もその一人。授業をするわけでなく、一人一人が持ってきた好みの教科を自習する、あるいは仲間と相談したり、こちらの専門教科のときは質問に来てくれたりする。
それだけのことでしたが新米教師は、校務・授業・部活動・クラスの生徒の世話だけでもてんてこまい。
おまけに宿直制度もあって、とかく新米に押し付けられるのでした。
(3月26日)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://rojyo.net/blog/mt-tb.cgi/843

このブログ記事について

このページは、管理者が2017年3月26日 10:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集138】34 耳を澄ますこと」です。

次のブログ記事は「【往還集138】36 スクーリングの日・続」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ