【往還集134】43 見えない所

| トラックバック(0)

■■■路上通信(HOME)■■■

2015年11月1日
旭化成の子会社旭化成建材がマンションの基礎工事を手抜き。この事件で目下大騒ぎだ。同じ例が他からも出てくる。
高層建築の全国検査をやったら、ぞくぞく発覚するのではないか。
高層だから全国ニュースになるが、個人住宅なら数えきれないほどあるだろう。
現に私は大工さんが「建売なんか、見えない所は手抜きが多いんだ、20年もつかどうかあぶねえもんだよ」というのを聞いたことがある。
それを防ぐのが監督者の役だが、いそがしさにかまけて点検が甘くなる。甘さにもたれかかって手をぬく。
このことを逆にいえば、見えない所に手をぬかない人、仕事こそが信頼にあたいするということだ。
話は少しずれるが、海外から来日したバレー公演を見に行ったことがある。数人が踊りながら幕の陰へ退く。
そのとき幕に入り観客から見えない位置になっても、踊りをやめることはなかった。これこそホンモノと私は思った。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://rojyo.net/blog/mt-tb.cgi/661

このブログ記事について

このページは、管理者が2015年11月 1日 10:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集134】42 教科書採択問題」です。

次のブログ記事は「【往還集134】44 頭を無にしないと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ