【往還集128】15 中学

| トラックバック(0)

■■■路上通信(HOME)■■■

この1週間、文字通り朝から晩まで、某全国短歌大会の選考の仕事をしてきた。途中、何回も休みを入れ、目薬を注しながら。
やっと終わって、目下多少の虚脱状態。
なにしろジュニア部門だけで1万首の数。夏休みの宿題になっていたとみえて、苦し紛れ、破れかぶれのも混じる。
それでも、小学、中学、高校と進むにつれて、それぞれの年代特有の実存性が感触されてくる。
なかでも中学は独得で、他の年代とは異質の浮遊感がある。もう子どもではない、けれど大人の端くれにもなりえない、そういう所在感の無さが歌にも表れる。
自分を思い返してみても、中学時代は一番印象が薄く、これという場面すら浮かんでこない。それなのに妙にわびしく、やるせなく、どんな解決口も手にすることができなかい気分だけは覚えている。
この気分はいまもなお本質的に変わっていないのだなあと、しばし感慨を覚えたのだった。
(9月30日)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://rojyo.net/blog/mt-tb.cgi/295

このブログ記事について

このページは、管理者が2013年9月30日 16:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集128】14 滅びと実り」です。

次のブログ記事は「【往還集128】16 ご要望」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ