【往還集128】8 マリーのこと

| トラックバック(0)

■■■路上通信(HOME)■■■

自分の幼少年時代の記憶はすべて前沢。小5まで暮らした前沢は思い出の宝庫だ。宝庫とはいいながら年々忘れていくので、気の向いたときに記し留めることにする。
母の実家は農機具店をしていた。
ある夜、賊が侵入、金庫ごと盗まれる。
これはいけないと、犬を飼うことにした。白に薄茶の模様のある雌犬で、マリーと名づけた。性格が穏やかすぎて、防犯の役にたつかどうか疑わしいが、自分にとても懐く。
けれど小5の時、自分の一家は水沢へ引越すことになった。列車が発車するそのとき、紐で結んでいたはずのマリーが車両に走り込んで来た。
「マリー、だめだ」と自分は泣きながら追い出した。
引っ越したあとも前沢に泊まりに行くことがあり、その度に喜びの再会をした。
けれどやがて病気で、亡くなってしまった。マリーを覚えている人はどんどんいなくなる。せめて、ここに記して、面影を忍んでおきたい。
(9月23日)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://rojyo.net/blog/mt-tb.cgi/288

このブログ記事について

このページは、管理者が2013年9月23日 16:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集128】7 震災遺構」です。

次のブログ記事は「【往還集128】9 ありえないことは、ありえない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ