【往還集124】19 目線の低さ・続

| トラックバック(0)

■■■路上通信(HOME)■■■

『遠く離れて』から、スペースのあるかぎり秀歌を引用する、解説はぬきにして。

生きている者のおごりは世の常の離反のごとく病む人を見る
仕事にもいろいろありて延々と交合をするこの持久力
しげしげと赤子の顔を見つめたり見らるることをまだ知らぬ顔
みづからの器に生きるほかなきを沁みて思うもひとごとならず
かく青き空を見あげて身に迫る何ひとつだに知らぬ吾なり
あんた誰と見あげし顔を忘れめや朝の厨のほの暗きなか
静かだね 母つぶやけば 静かなり 恵みのごときこの世の時間
後ろ手に歩めばこの世の顛末を見抜いたような顔つきとなる
(6月26日)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://rojyo.net/blog/mt-tb.cgi/141

このブログ記事について

このページは、管理者が2012年6月26日 13:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集124】18 目線の低さ」です。

次のブログ記事は「【往還集124】20 頑固さと脆弱さ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ