【往還集124】18 目線の低さ

| トラックバック(0)

■■■路上通信(HOME)■■■

大島史洋『遠く離れて』(ながらみ書房)には、2005年から08年までの作品が収録されている。この間大島は定年退職、近藤芳美を葬送し、故郷の岐阜県中津川へ行き来したはてに母を失っている。
それらの体験が歌集の主調音になっていて、感銘を覚える歌も少なくない。
が、私がいま指摘したいのは大島の目線の低さだ。

おのずから定まる位置は初めよりかくあるべしと知りいしに似る

どういう場面における歌か、前後から推し測ろうとしてもわからない。だからこちらで勝手に範囲を広げて想像するほかない。ここでは大島自身の生き様とみておく。自分が手にしたほどほどの位置、それははじめから「かくあるべし」と決まっていたかのようーー。  ここには大言壮語のかけらもない。ベターッとした、最も低い位置からの視線があるばかりだ。
これが逆に大島短歌の魅力になってきたと、私には思われる。
(6月26日)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://rojyo.net/blog/mt-tb.cgi/140

このブログ記事について

このページは、管理者が2012年6月26日 12:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集124】17 「はて知らずの期」・続」です。

次のブログ記事は「【往還集124】19 目線の低さ・続」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ