【往還集124】13 誤植は出版の華

| トラックバック(0)

■■■路上通信(HOME)■■■


「路上」に連載してきた「宮柊二」が、この5年間で550枚ほどになった。『山西省』論をやりたくてはじめたのに、序論段階だけでこの始末。いつ終わるか見通しが立たなくなった。とりあえず「柊二初期および『群鶏』論」としてまとめることにした。出版の依頼先は、宮柊二に最も詳しい柊書房さん。
その著者校を今日終了する。引用文がいっぱいあるので、全てを原典と2度照合。「路上」連載のときも2度、原稿として送るときも2度、今回もまた2度した。
それでも誤植が見つかる。さすがに回ごとに少なくなるとはいうものの、完璧の域には達しない。一字見つけるたびに、がっくりする。
もっとも、こういう体験は今回にかぎらない、出版するたびに味わってきた。他の人も同じらしく、なかには「誤植は出版の華」と豪語する人もいる。
それはそうだが、なぜ完璧から見放され続けるのか、不思議でしかたがないのだ。
(6月5日)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://rojyo.net/blog/mt-tb.cgi/135

このブログ記事について

このページは、管理者が2012年6月 5日 06:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【往還集124】12 子育ての時間」です。

次のブログ記事は「【往還集124】14 書きのこさねば」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ